07/19/13

feux d’artifice du 14 juillet 2013

革命記念日の花火を見たのは初めてです。
とはいえ軍隊のパレードや人混みにもまれるのは苦手で、おめでたいイベントでしばしば羽目を外した人々が理解不能な行為に及ぶことも堪え難く、この日は自宅に居りました。
報道を通じてみる花火は、様々な角度からその全貌を浮き彫りにするべく慌ただしく画面が切り替わるのですが逆説的にもその網羅の仕方が完璧であればあるほどスペクタクルはますますフラグメントとして映し出されて、遠くで少しおくれて鳴り響くその鈍い爆発音だけが、私がその日イベントが行われているのと繋がっている同じ世界にいることを明らかにし、むしろ視覚を通じて空の遠くが少しだけ明るくなっている様子等は遠くに感じられました。花火のスペクタクルは強すぎる振動を伴う音楽とともにヒートアップし、赤やオレンジの光が塔を打ち砕かんばかりに散ってはまた生れ、数年前に同様にして報道でこの映像を見た父が「爆発は恐ろしい」と描写したことが思い出されました。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC