12/27/15

教育のことー『文系学部解体』(室井尚)/ Education: « Decomposition des facultés Sciences humaines » (Hisashi Muroi)

室井尚さんの著書『文系学部解体』を読んでいます。先日、横浜でサインをしていただきました。まだこれからも読みすすめ、読み返します。
大学に勤めている人、長く居る人だけじゃなくて、言うまでもなく国の教育政策に関わる重要な問題に関して、非常に詳しくまとめられ、深く分析され、議論された書物です。
正直このようなことを知らずとも、受動的で機械的な労働者として大学やその他の教育機関における教育に携わることもできるでしょうし、実際この本が存在する以前は現状を包括的に理解し、観察し、批判する努力をしないことが、功名に忘れられたり上書きされて見えにくくなる情報社会の中で難しかったのかもしれない。
でも本当に、教育について今考えるべきだし、我々は個人として、機械とか、歯車とか、部品とか、大量生産されて代替可能なフラグメントとしてでなくて、幸せに生きることを、追求するべきであり、希望を持つべきである。そのために関心を持つべきだ。
Hisashi Muroi, auteur de « la décomposition des facultés des Sciences Humaines », a publié face à la crise des facultés des Sciences Humaines des universités japonaises, à cause des projets imposés par le gouvernement japonais. Au Japon, par la force du gouvernement, de nombreuses facultés des Sciences Humaines disparaissent progressivement. Les domaines Sciences humains peuvent-ils être considérés inutiles au Japon ? Vers où vise-il notre pays ? C’est une véritable crise très grave des politiques éducatives du Japon. Chacun, individu cultivé et intelligent, doit penser à vivre une vie « heureuse » non pas pour être une pièce remplaçable, non plus une pièce de la machine fonctionnant sans coeur.

muroi hisashi book