09/2/19

ホメオパシー(同種治療)について 1

ホメオパシー(同種治療)について 1
2019年9月2日

ホメオパシー(homéopathie)は、同種療法、つまり、ある病や症状を起こしうる物質によってそれを治療することができるという考えに基づく治療法である。病や症状を起こしうる物質とは時に毒や身体に害のある物質のことであり、それを薬として利用することで心身の不調を治そうとする考え方だ。身体にとって毒となるような刺激によって病を防ぐという原理だけ聞くと、今日科学に基づく西洋医学に慣れている私たちは、「ワクチン」のことを思い出すかもしれない。しかしワクチンとホメオパシーのリメディ(ホメオパシーに使われる薬のこと)は決定的に異なる。ワクチンはご存知のように感染症の予防のために接種され、それは対象となる病の病原体から作られる抗原(弱毒化あるいは無毒化されている)を含んでおり、結果、身体は病原体に対する抗体を産生して感染症に対する免疫を獲得するというものだ。ここで、ワクチンの効果は医学的に証明されている。一方、ホメオパシーの効果は、現代の医学的見地から、プラセボ(偽薬、placebo)以上の効果はないとされ、それ自体に害はないがリメディーはただの砂糖玉に過ぎないとされている。

ホメオパシーは、用語としては18世紀末にドイツ人医師のサミュエル・ハーネマン(Samue Hhnemann, 1755-1845)によって用いられ、ヨーロッパにおいて各国で研究がなされた。ナチス・ドイツ時代にアドルフ・ヒトラーがホメオパシーを厚遇したことはよく知られているが、ユダヤ人強制収容所で行われた人体実験においてホメオパシーの偽薬以上の効果が検証されることはなかった。ドイツ以外の各国でも、今日までホメオパシーのリメディーによる治療が医学的見地から効果を認められたことはない。

にもかかわらず、戦後も、どころか今日においても、ホメオパシーは「代替医療」として普及し実用化されている。ヨーロッパの国々の中でもフランスはホメオパシー実践が今日もなお盛んな国の一つである。ホメオパシーのリメディーの処方は、30パーセントまで保険が適応される<オフィシャルな治療>と現行の医療ではみなされている。(ただし、昨年の医療関係者124名による署名運動を含め、医学的に効果が証明されていない療法に保険適応をすることや処方を認め続けることについて議論は尽きない)

ホメオパシーは、現代主流の医学的見地から偽薬以上の効果がないことは明らかであるのに、医学先進国であるフランスにおいて今尚実践されていることはとても奇妙な事象だと思うし、そもそも効果がないということが一般に理解されているのかどうかも微妙なところであり、その現状も非常に謎めいている。なんとなくだが、ただの砂糖玉だと気がついてはいる一方で、砂糖玉にすらすがりたいと思わせるような魅力がホメオパシーにはあるのではないか、あるいはホメオパシーという不明瞭な代替医療が確からしく科学的な現代医学に対して一般の人々が抱く不満のようなものを受け止める役割をしているのではないか、と感じられてならない。

これから、どのくらいゆっくり考えていくことができるかわからないが、このなんとなく不穏な問題について、そのありうる答えを探っていきたいと思う。なぜホメオパシーを現代人の我々が頼りにするのか考えることは、私たちが抱えている身体に関する問題、現代医療に対する問題、よりよく生きることに対峙する仕方について思考を深めることを可能にしてくれると直感するからだ。

議論したいことはたくさんあるのだが、ひとまずは私がなぜホメオパシーのことが大変気になっているのか、そのきっかけについて述べたい。
私は2015年より、フランスのナント(Nantes)を基盤に医療と環境の問題を提起する大変興味深いアート活動を続けているアーティスト、ジェレミー・セガール(Jérémy Segard)との協働プロジェクトをいくつか展開してきた。彼とのプロジェクト展開において、やがて、ファルマコン (Pharmakon)という、ある物質や出来事はしばしば毒と薬の両義的役割を持っている、という興味深い概念に出会い、これについて、研究及び展覧会を通じて探求してきた(展覧会ファルマコン )。2017年に京都と大阪で9名のアーティストによるコレクティブな展示を行い、その開幕に合わせて開催したシンポジウムにお越しいただいた埼玉大学の加藤有希子さんは、新印象派のプラグマティズムについて色彩とホメオパシーに焦点を当てた講演をしてくださり、ホメオパシーが19世紀ヨーロッパである種の怪しげな宗教的な信仰を受けて支持されていたという状況や、同種療法が毒を用いて行おうとしたことに関心を抱く。そして、強烈だったのは自分自身のホメオパシー実戦である。私は2018年12月に出産し、半年ほど経った6月頃から度々授乳時の痛みや乳腺炎の手前までいくような乳腺の炎症を経験し、助産師に三回、医者に二回かかった。助産師は私に複数のリメディーを処方し、医者はアルコールと抗生物質を処方した。強い痛みや熱が伴い、崖っぷちの状況で、処方されたリメディーは言われるままに正しく摂取し続けたが、症状が落ち着くにつれて、ホメオパシーについて冷静に色々考え直してみると、砂糖玉によりすがったことが馬鹿らしくも思えてくるが、いやまさか、ちょっとは効いたのではないか、など思いたくもなってくる。多少保険が効くとはいえ、一時期だいぶん調子が悪くなって大量のリメディーを処方され、それを購入して摂取したのだ。偽薬でしたと片付けるには、助産師の処方もたいそう公的に行われているし、なんだか腑に落ちない。そもそも、この代替医療はかなり多くの妊婦・産婦、子供、老人、自然的なイメージの代替医療を好む患者によってしぶとく実践されている。これだけ情報の入手が可能な今日、自分が服用する薬がどんなものかは知らない手段がないわけでもないし、それなのにこれほどまでにホメオパシーが根強いとしたら、無視しづらい。
さて、こう言ったことが私の関心の原点だ。

03/7/18

Conférence Hiroshi Yoshioka

Conférence Hiroshi 2018 Paris 8

09/12/17

documenta 14 (cassel)

the Pantheon of Books by Marta MinujínSONY DSC

the view from the hill of Palais, 12.09.2017 SONY DSC

 

Lorenza Böttner’s portraitsSONY DSC

SONY DSC

Bonita Ely, Interior Decoration: Memento Mori (2013-2017): Sewing Machine Gun (2013)

SONY DSC

Trench

SONY DSC

Penone’s sculpture in Kassel ParkSONY DSC

Hiwa K, One Room ApartmentSONY DSC

Aboubakar Fofana, Ka touba Farafina yé (Africa blessing, 2017) and Fundi (Uprising, 2017)

SONY DSC

Miriam Cahn’s paintingsSONY DSC

SONY DSC

07/2/17

photos printemps 2017

printemps 2017_Photo 25-02-2017 11 33 32 printemps 2017_DSC03548 printemps 2017_DSC03549 printemps 2017_DSC03569 printemps 2017_DSC03573 printemps 2017_DSC03854 printemps 2017_DSC03934 printemps 2017_DSC03933 printemps 2017_DSC03926 printemps 2017_DSC03922 printemps 2017_DSC03918 printemps 2017_DSC03821 printemps 2017_DSC03823 printemps 2017_DSC03844 printemps 2017_DSC03840 printemps 2017_DSC03847 printemps 2017_DSC03849

07/2/17

photos début de l’été 2017

début de l'été 2017_DSC04506 début de l'été 2017_DSC04512 début de l'été 2017_DSC04514 début de l'été 2017_DSC04515 début de l'été 2017_DSC04520 début de l'été 2017_DSC04524 début de l'été 2017_DSC04525 début de l'été 2017_DSC04527 début de l'été 2017_DSC04529 début de l'été 2017_DSC04531 début de l'été 2017_DSC04532 début de l'été 2017_DSC04535

10/8/16

cellule babélienne, florian gadenne, au couvent des recollets, Paris

cellule babélienne (2016)
florian gadenne
site artist: http://floriangadennecom.over-blog.com

Venez voir nombreux l’installation de Florian Gadenne « cellule babélienne » au couvent des récollets – 148 Rue du Faubourg Saint-Martin, 75010 Paris, Samedi 8: 12-19h et Dimanche 9: 12h -17h,
(moi j’y serai dimanche de 14h30-fin.)

exposition: LA 3ÈME ÉDITION DES JOURNÉES PORTES OUVERTES DE PARISARTISTES
https://quefaire.paris.fr/fiche/156620_le_couvent_des_recollets_accueille_parisartistes_2016

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

10/4/16

Edition : Vivre ou vivre mieux?

Édition « Vivre ou vivre mieux? »
Travail collaboratif avec Jérémy Segard, oeuvre dessin-texte pour la réflexion sur la pensée de la médecine personnalisée.

Vivre ou vivre mieux ?
Miki Okubo & Jérémy Segard
21 x 21 cm, 96p, illustrations couleurs
http://jeremy-segard.com/index.php/editions

Couverture - Vivre ou vivre mieux?

Couverture – Vivre ou vivre mieux?

12/27/15

教育のことー『文系学部解体』(室井尚)/ Education: « Decomposition des facultés Sciences humaines » (Hisashi Muroi)

室井尚さんの著書『文系学部解体』を読んでいます。先日、横浜でサインをしていただきました。まだこれからも読みすすめ、読み返します。
大学に勤めている人、長く居る人だけじゃなくて、言うまでもなく国の教育政策に関わる重要な問題に関して、非常に詳しくまとめられ、深く分析され、議論された書物です。
正直このようなことを知らずとも、受動的で機械的な労働者として大学やその他の教育機関における教育に携わることもできるでしょうし、実際この本が存在する以前は現状を包括的に理解し、観察し、批判する努力をしないことが、功名に忘れられたり上書きされて見えにくくなる情報社会の中で難しかったのかもしれない。
でも本当に、教育について今考えるべきだし、我々は個人として、機械とか、歯車とか、部品とか、大量生産されて代替可能なフラグメントとしてでなくて、幸せに生きることを、追求するべきであり、希望を持つべきである。そのために関心を持つべきだ。
Hisashi Muroi, auteur de « la décomposition des facultés des Sciences Humaines », a publié face à la crise des facultés des Sciences Humaines des universités japonaises, à cause des projets imposés par le gouvernement japonais. Au Japon, par la force du gouvernement, de nombreuses facultés des Sciences Humaines disparaissent progressivement. Les domaines Sciences humains peuvent-ils être considérés inutiles au Japon ? Vers où vise-il notre pays ? C’est une véritable crise très grave des politiques éducatives du Japon. Chacun, individu cultivé et intelligent, doit penser à vivre une vie « heureuse » non pas pour être une pièce remplaçable, non plus une pièce de la machine fonctionnant sans coeur.

muroi hisashi book