04/15/18

Bettina Rheims « Détenues » 勾留された女性たち

Bettina Rheimsの展覧会 « Détenues » (勾留された女性たち)がChateau de Vincennesで開催中である。
Bettina Rheimsは、1952年生まれのフランス人フォトグラファーで、1978年よりスタートするキャリアの中で、ストリップティーズやフェミニンなモデル、トランスセクシュアルなどの特定の問題意識を突き詰めている。
今回のシリーズでは、勾留されている女性たちのポートレートシリーズをヴァンセンヌの城内のチャペルで展示している。

Links:https://www.monuments-nationaux.fr/Actualites/Exposition-Detenues-de-Bettina-Rheims
resized_FullSizeRender 24

勾留された女性たちは、しばしば夫殺しやパートナー殺害など重大な罪で刑務所内で長い年月を過ごしてきた/過ごしていく女性たちで、展示には写真の他に、Bettina Rheimsが受刑者たちとのやりとりを通じて知った彼女たちが刑務所に至った具体的なストーリーや、受刑中の彼女らが日々思っていること、面会に来る家族とのやりとりで印象に残っていること、また、Bettina Rheimsのようなアーティストが写真を撮りにくることについて思うことなど、赤裸々な会話の断片が展示されている。

resized_FullSizeRender 14

彼女らの大きなポートレートは一枚一枚がとても違っていて、彼女らは装い、化粧し、ポーズをとり、それぞれのポートレートは本人の下の名前がそのイメージのタイトルのように記載されている。

IMG_4989

展示された会話の断片にこんなくだりがある。
「私たち囚人が写真を撮られるというとき、それは決まって他の誰かのためだった。子供や夫、家族のため。誰も、それが自分のためだなんて言わない。例えば自分という存在の希望を大きくするために、自分自身がより美しいと思うために。写真は常に誰か他の人のため。生きているという証拠を残さなければならないから。」

IMG_4980

女性たちの表情もまた様々である。笑顔の女性もあるし、深刻な表情の女性もある。観る者にその苦悩を感じさせるポートレートもある。

resized_IMG_4987

Bettina Rheimsの大判のポートレートには、肉体の隅々がそこにあるのが平面であるということを疑いたくなるほどのキメの細かさで観る瞬間がある。肌の質感が、そこに触れてしまったかのように浮き彫りになる感覚。

展示されたテキストが浮き彫りにするのは、彼女らがなぜそこに閉じ込められているか、そこには状況の不条理や、そうする他にどのような選択肢があったのかという行き場のないやり切れなさや、行き場のない声がこだまする。

刑務所は孤独な社会であり、囚人たちは文字通り多くの時間を四辺が壁によって囲まれた独房で過ごす。孤独な時間、存在しない自由。十数年や何十年という繰り返される日々を閉じ込められて過ごすことを安直に想像することはできない。ポートレートを撮影するということすらも相当シビアな仕事であったに違いないと思う。

03/14/18

シークエンスのために撮影したイメージ 森

長く使っていたカメラのレンズに大きな傷が入り
こんなにはっきりした傷なのでオブジェクトを変えるしかないだろうと
オブジェクトにはいつかはカバーがしてあったりまたいつかは反射を防ぐためのカバーもしてあったり
しかしときどきはむき出しでそしてもっとしばしばだらりと首にぶら下げられて
何かにぶつかったり擦ったりしたことがなんどもあるだろう。
物が使えなくなるということは、その物がどこかへ行くのだが
再利用されるのか処分されるのか大抵はいわゆる廃棄物になってかさばる物質性を伴ったままに
私たちの生活はもうどうしようというくらいに様々な種類のものに溢れて
それらは到底手に負えない、とっくに手に負えないほどであるのに
それらは非常に遠くからやってきてすぐさま遠くに行ってしまうことで
それらに対して想いを寄せる暇がないように振舞わされており
細かい葉っぱがその細部まで見きれないほどに
その影絵みたいな隙間は綺麗でした。
resized_IMG_4495 resized_IMG_4496 resized_IMG_4497 resized_IMG_4498

03/14/18

シークエンスのために撮影したイメージ

一年ほど前にときどき歩いた水のある道を
異なる心持ちだったり一年が経過した肉体だったりを伴って
その横を通り過ぎてみるとたいへん水かさは増しており
橋の下の水の流れはあともう少しで橋にくっつきそうであり
そうして草のぼうぼうに生い茂った場所には
サギが二羽くらいおり、それ以上に鴨がおり、
なんという名前かわからない鳥なども何羽かおり、
そこには大きな水溜りができていて葉っぱがなんだかわからない様子で水に浸って
それは反射する光とともになんだか愛おしく思えて
その訳のわからない新しい池は風をさらさら受けたりして
細かい文様を水面で作り出している
雨の水は透き通っており粒が細かいのかもしれない。
resized_FullSizeRender 4
resized_FullSizeRender 5
resized_FullSizeRender 6
resized_FullSizeRender 7
resized_FullSizeRender 8
resized_FullSizeRender 9
resized_FullSizeRender 10

09/29/17

今日から1週間「自然」に関する写真を公開します

スクリーンショット 2017-09-29 22.57.38

À la demande d’Hélène Fleckinger, 1er jour du défi nature. J’invite Miki Gadenne Okubo. Si elle le veut bien, Miki postera elle aussi chaque jour pendant une semaine des photos de nature en invitant chaque fois quelqu’un-e à faire de même…
#DéfiNature #CEstReparti #EffetBoomerang #HaHaHa #AQuiLeTour

スクリーンショット 2017-09-29 22.56.43

ある友人からfacebook上で、一週間一日一ポストずつ「自然」に関する投稿をするプロジェクトに招待された。私は普段から写真をたくさん撮影しているが、その中でも大多数を占めるのは植物の写真だ。「自然」といって「植物」を思うのはなんだかな、と思ったりする。うだうだ考える前に提案を引き受けて毎日一ポスト投稿してみようと決めた。よい機会とも思うので、このブログでも連日の投稿についてまとめ、付すべきことばがあれば加えて行きたい。
cigale japon 2017

プロジェクト参加一日目(2017/09/29)
さて、このイメージは私が今年の8月に東京に数日滞在した際に撮影したものである。植物と動物と分解者が強めのコントラストの中に共存する一枚の写真は、上述したように自然と言えば植物を選んでしまいそうになる思考から少し説明可能になったと言う点で少しは気持ちがいい。蝉が菌類によって分解されて行く、その時間が早くすぎるのか、どれほどゆっくりなのか、十分な知識がなく分からない。蝉は成虫となってから短くしか生きないことはよく知られているし、長く生きないので食物を摂取しないことも知られている。長い間かかって少しずつ作られた身体はヴォリュームがあり、重たく、分解するべきあるいは食べられるべき幾ばくかの養分を他者に与える。

resized_tourbabelienne_DSC04744

プロジェクト参加二日目(2017/09/30)

paysage_blog_DSC02231

プロジェクト参加三日目(2017/10/01)

08/18/17

paysage de tokyo urban – vert, visuel -sonore 2017

 

 

 

 

 

 

tokyo tower 2017

tokyo 082017

07/14/17

arbres parfaites

quand je ne trouve rien à écrire, décrire et reproduire, c’est un instant que je découvre une figure parfaite.

foret_portugal_DSC04992

iphone portugal_espagne_4

 

03/6/17

Intervention: Manon Giacone – Comment inscrire la photographie « intime » dans l’art contemporain ?

J’ai le plaisir de vous inviter à l’intervention de Manon Giacone, artiste-photographe, dans le cadre de cours de Miki Okubo à l’Université Paris 8.
Le jeudi 9 mars 2017 entre 10h et 14h30
La conférence et l’atelier
Intitulé: Comment inscrire la photographie « intime » dans l’art contemporain ?

merci de me contacter par mail, n’hésitez pas nous rejoindre! cela nous fera un grand plaisir!
garcone_mk (atmark) yahoo (point) co (point) jp

website: www.manongiacone.com

manon giacone intervention 09032017.001

02/25/17

lumière, fleur et feuille morte

25022017_Photo 25-02-2017 11 33 32

25022017_Photo 25-02-2017 11 34 55

25022017_Photo 25-02-2017 12 03 00