08/2/16

Aesthetics of “robotized body” in the representation of Aidoru’s (popular singers’) costumes

Here I share the abstract of my presentation I did in the 20th ICA july 2016 about the robotized costume regarding of the recent trend of body consciousness. If you are interested in the topic, you are very welcome to contact me for further discussion! (to garcone_mk atmark yahoo.co.jp)

The 20th International Congress of Aesthetics, July 24-29 2016, Seoul National University
Intervention by Miki OKUBO, 26 july 2016

Abstract:

Aesthetics of “robotized body” in the representation of Aidoru’s (popular singers’) costumes
MIKI OUBO

In the new media environment developed over these past few decades, our body consciousness, from ontological, aesthetic and sociological points of view, has been radically modified. Throughout diverse experiments (virtual reality, augmented reality, video games, simulation, avatars, etc.), our body image today differs vastly from that of previous eras. Cyborgs, humanoids and humanlike-robots that were classic imaginations of SF films have become real thanks to advanced technologies.

In my presentation, I would like to investigate one emerging “ideal body” trend in our mass cultural environment. The observation of costumes of popular singers called “Aidoru” will allow us to understand what human beings consider “an ideal” body shape.

“Aidoru” is a Japanese word meaning “young star singer(s).” These performers, strategically staged commercially since the 1970s, are characterized by their particular style of dance, music and costume. One pioneer example of Aidoru wearing a robot-like costume is the female duo, Pink Lady, popular in the second half of 1970s. The metallic colored costume for one of their hits, UFO, featured mechanized body traits reminiscent of a spacesuit. We can also think of cone-shaped bra designed by Jean-Paul Gaultier for Madonna in the 1990s, which brings to mind a strange humanlike robot. As for a more recent example, the dance style of trio Pahyumu (Perfume, is characterized by unique, inhuman, and unnatural mannequin-like movements. Their costume also resembles spacesuits and their music is electro. There is no need to look for particular singers specifically oriented to the robotic style, this costume trend is shared by a large number of Aidoru.

This trend of aspiring towards a robotic-like body is worrisome. It doesn’t just signify an appreciation for simple physical imitation of cyborgs through costume games, but ontological pursuits of self-image. Analyzing these costumes will help us understand the signification of human body representation from aesthetic and anthropological points of view. Throughout my presentation, I will construct a theory of body consciousness and its representation to reveal the strangeness of idealized body image.

Keywords: robotized body, idol, aidoru, cyborg, humanoid, android, Pink Lady, Lady Gaga, costume, cosplay, character, body image, body consciousness.

LadyGaGa-Metropolis Perfume 4 TR-5

03/12/14

『異装』のモダリティ ー 充溢する意味, あるいは, ポスト•コスプレのファッション, Studies of « Post-Cosplay » Fashion

研究集会「コスプレの美学―コスプレ、ファッション、日本文化」

1796687_10202258553878747_228149007_n
日時:2014年3月16日(日)14時開場 14時30分開会 20時終了予定
会場:ウィンクあいち 1301会議室 http://www.winc-aichi.jp/(JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分)

内容:
第1セッション:コスプレ「コスプレの社会的意義と芸術的表現について」
座長:室井尚(横浜国立大学・教授)
講演:園田明日香(NPO法人コス援護会・理事長)

第2セッション:ファッション「『異装のモダリティ–充溢する意味、あるいは、ポスト・コスプレのファッション」
座長:吉岡洋(京都大学・教授)
講演:大久保美紀(パリ第8大学・非常勤講師・美学)

第3セッション:日本文化「コスプレをする・見る–オタク文化におけるパフォーマンスの記号と異文化」
座長:島本浣(京都精華大学・教授)
講演:ジュリアン・ブヴァール(リヨン第3大学・准教授・日本のポピュラーカルチャー研究)

入場無料、予約不要(定員80名)
主催:科学研究費基盤研究(A)ポピュラーカルチャーの美学構築のための基盤研究[研究代表者:室井尚(横浜国立大学教授)]

Facebook : https://www.facebook.com/events/409348502543982/?fref=ts

 こんにちは、大久保美紀です。さて、近づいて参りました、今週末は名古屋でお会いいたしましょう。〈コスプレの美学〉なのに、ポスト•コスプレなんて、一体どうなっちゃうんでしょう…。私の方からは、ファッションとしての「異装」にはどんなパワーがあるのか(歴史の中でどんなパワーがあったのか)、そして、これからのコスプレ実践はどんなもので有り得るのかを明らかにするため、「コスプレ」をスッパリ切り開きます!
 フランスのコスプレイヤーや研究者に行ったインタビューや対話の話もします。異装を通じたアート作品の分析もします。ぜひお越し下さい。

 さて、実はコスプレについてはこれまでも長ーいこと考えてきたのですが、長ーいトンネルを抜けて、この文化特有の“対話の難しさ”を越えて、これまでとは異なる考えに至りました。どうぞお楽しみに。

 

『異装』のモダリティ ー 充溢する意味, あるいは, ポスト•コスプレのファッション

(要旨)
本発表は、これまで多くの日本人および外国人が研究してきた「コスプレ」という現象を、人類の自己表現の手段の一つとして新たに捉え直し、「コスプレ」の行為者が「コスプレ」を介して何を実現し、その行為にどのような意味を与えているのかという問題を再考する。したがって、本発表では、「コスプレ」を、今日まで一貫して守ってきたコンテクスト:現代日本大衆文化(ポップカルチャー、しばしばクールジャパンと呼ばれる)から生まれたものであること、その代名詞であるアニメ•マンガのキャラクターを模倣したコスチュームを身につけた特定の集団がコミケやイベントに参加すること、という定義への固執を一度放棄する。これら固有の文脈から切り離された「コスプレ」とは何か。世界からも着目を集める奇異な文化現象としての「コスプレ」をという重苦しい仮装を脱いで、人類が今日まで、異なる文明、文化、国、宗教、社会の中で実践してきた、自己表現の行為の一つととらえたとき、抽出されるエッセンスは何だろうか。そこに残るのは、とてもシンプルだが、状況を逸脱した着衣行為である。私はこれを「異装」と呼ぶ。本発表では、「異装」のモダリティについて考えること―-つまり、「コスプレ」という行為の中核を担う「逸脱した着衣行為」がどのような目的でどのように実現されるのかを明らかにすること―-によって、日本的な「コスプレ」が蔓延し、希釈され、変容し、全く別のものとして生まれ直してしまう世界においても、なお楽しく逸脱した着衣を繰り返すことのできる「ポスト•コスプレのファッション」を提案したい。
38132_1496751664944_3180770_n