Valérie Jouve « Corps en résistance » @JeudePaume

Valérie Jouveは、1964年Firminy(サンテティエンヌの近く)生まれのアーティストである。都会生活や社会規範に対峙して生きる個人とその抵抗する身体のありようを「レジスタンスの身体」というテーマで問題視し続けてきた。1980年代末より、彼女の写真は、都市の風景と都市空間に生きる身体を捉えてきた。雑多なオブジェや生き物がぎゅっと詰まった都市という空間では、そのバラバラなものが凝縮されているけれどもちっとも調和しておらず、その中に存在する生き物は蠢き、息を潜めたり、喘いだりしながら、「抵抗する」。

Valerie Jouve 1

本展覧会で印象的だったのはセノグラフィーである。アーティスト自身がインスタレーションした空間では、その意図がより明瞭だ。

Valerie Jouve 2

どこにも居るような女たちのシアトリカルでもありリアルでもある一面。ありふれたシチュエーションはディテールを見るとやはり個人的なものである。

Valerie Jouve 3

Valerie Jouve 4

Valérie Jouveはモンタージュの手法にも長けている。そして、そのモンタージュは非常に恣意的で、それゆえに戦略的である。過剰な交通量と都会の車社会を切り取って我々に提示するこれらのイメージでは、よく見れば非現実的なようすで車が重ねられていることに気がつくだろう。たとえば、手前にいる車の左側の窓にあるはずもない壁が覗いている、というように。

Valerie Jouve 5

Valerie Jouve 6

シンメトリーの構図を持つイマージュ。折り返された半分はフィクションで存在した半分がリアルである。ただし、それらも完全な左右対称ではなく左側の画面には人物が表され、もう一度全体としての風景に生み直されている。

Valerie Jouve 8

映像のモンタージュ。

Valerie Jouve 10

都市の中にはみ出す人々。

Valerie Jouve 7

抵抗する身体を撮るということ。

Valerie Jouve 9

モデルは反復することもある。知っている人物を何度も撮影しているものもある。

Valerie Jouve 11

アーキテクチャーは重要な主題の一つだ。

Valerie Jouve 13

展覧会は9月27日まで開催中である。
JEU DE PAUME, PARIS : http://www.jeudepaume.org/index.php?page=article&idArt=2414

Valerie Jouve 12

Laisser un commentaire

Votre adresse de messagerie ne sera pas publiée. Les champs obligatoires sont indiqués avec *