NEWS, Miki OKUBO: conférences, colloques, publications

2016年5月14日14時
YvetôtのGalerie Duchampで行なわれる講演会Le colloque: La figure au temps du numérique… soi, moi, self, l’autre? @Galerie Duchampで喋ります。
スクリーンショット 2016-05-10 17.29.38
展覧会 »L’empreinte directe du vécu sur le temps »はBill VIola, Fleur Helluin他。現代のポートレート/セルフポートレートに関するとても興味深い展覧会です。
講演は、「セルフィー的実践:可動的なイメージが自己表象に与える影響」(« la pratique SELFIQUE: l’impacte des images mobiles sur l’esthétique du soi » )
http://www.galerie-duchamp.com/index.php?id=228
resize_these_201604Duchamp_JdE_Empreinte-Poster01-1
Duchamp_JdE_Empreinte-04 (téléchargez le programme !)

 

2016年5月6日〜7月1日
展覧会 »Vivre ou vivre mieux? »
Jérémy Segardのデッサンと私のテクストによる展覧会、パーソナライズド・メディシンをめぐる考察です。来月このプロジェクトに関わって本 »Vivre ou vivre mieux? » が出ます。
Personalized Medecine に関する思考、芸術的アプローチ。NantesのLa Conserverieにて。
Vivre-ou-vivre-mieux-MO-JS-2016

 

 

*論文*
3年間の科研費共同研究「ポピュラーカルチャーの美学構築に関する基盤研究」の成果報告書に論文が掲載されました。
執筆者:室井尚(研究代表)、佐藤守弘、吉田寛、吉岡洋、秋庭史典、大久保美紀。
「『異装』のモダリティ
― 充溢するコスプレ、あるいはコスプレ後のファッション」
popularculture(ドラッグされました)
2015年度科研成果報告書_大久保美紀

 

2016年4月9日
INHAで行なわれた研究集会 « Arts contemporains et leur espace institutionnel » (organisée par Pamela Bianchi et Jee Jeeyoung Kim)で講演しました。
講演: »L’exposition comme dispositif de la ré-expérience » (追体験の現場としての展覧会)
12974296_10208745301616090_5400071850855039450_n

Laisser un commentaire

Votre adresse de messagerie ne sera pas publiée. Les champs obligatoires sont indiqués avec *