Newspaper woman (Shinbunonna, 新聞女), Miyuk Nishizawa (English text)

Newspaper woman (Shinbunonna, 新聞女), Miyuk Nishizawa

On March 9, 2013 @Guggenheim Museum – A great night of something happened…
In early February 2013, Newspaper woman, her comrades and some AU members (Art Unidentified*) arrived in the USA. Kiki Nienaber (Director of Fuse Art Infrastructure) and Gregory Coates (Co-director of Lollipop Operations) hosted the Japanese artists in Allentown. They lived under the same roof for a month, each day bringing to life artistic events titled « Lollipop Gutai Influences. » These included performances, exhibitions and workshops in Allentown and New York.

Shozo Shimamoto, Co-founder of the Gutai arts movement in postwar Japan and Miyuki Nishizawa’s dear mentor, was clinging to his last moments of life when Miyuki received a personal invitation to perform at The Guggenheim Museum. Shimamoto passed away January, 25, 2013. Miyuki and the Newspaper Girls immediately abandoned their paid return tickets to Japan and vowed to meet the challenge to infuse the Guggenheim Museum with Shimamoto’s expressive spirit, to deliver happiness to all visitors participating in the events and to transmit that happiness not through just one night performance but as an infinite newspaper dream!
*Guggenheim museum held the exhibition « Gutai : Splendid Playground » February 15 – May 8, 2013

The powerful performance lasts until midnight. The backstage is in chaos, filled with newspapers and working staff while visitors arrive at the entrance. The event opens with an exceptional newspaper dress whose hem reaches to more than 30 meters long. A sign instructs visitors: « Please walk under here ». This work is in homage Shozo Shimatmoto, one of whose participative and interactive works is called « Please walk on here » (1955).

Participants are supposed to walk under the long hem of the artist’s huge skirt. They can touch the dress to turn it up, making a newspaper arc for visitors passing under. This long hem is intricately cut like lace fabric, making a sophisticated shadow on the floor (look at the picture!) In walking under the artist’s skirt, the exciting ambiance envelops us.

After the opening performance « Please walk under here », a parade starts with assorted newspaper costumes and characters. Panels of Yoshiko Yamamoto’s photography on the museums long slope involve the visitors on the floor while people donning larger-than-life newspaper jackets and Miyuki and the Newspaper Girls parade together in newspaper dresses. According to Miyuki, the concept of the giant jacket is « to enjoy wearing it and looking at people wearing it…even if the most intelligent university professor wears it, they will look so stupid! That’s the advantage of this work!”

Following the parade, a giant newspaper Teddy Bear appears slumped on the floor! A monster covered with newspaper shredded as thin as angel-hair pasta hair dances eccentrically around the giant teddy bear. Old-fashioned Japanese popular songs Enkas, 演歌 or Miyuki’s original music (BGM), drift through your ears while you risk being stuck with bizarre, colorful labels indicating a discount price on your clothes. These are the same labels used to indicate discounts in Japanese grocery stores. Everything here makes us laugh and feel happy!

In the final act of this Gutai experience, you’ll find Miyuki on the Guggenheim’s spiral ramp, wearing a beautiful cloth which is one of Shozo Shimamoto’s real works. She looks like an elegant and beautiful fairy.

Gutai mind and the birth of the Newspaper Woman
Shozo Shimamoto (1928-2013.1) is one of founding members of the Gutai Art Association. Shimamoto coined the term « Gutai » – “embodiment” in Japanese. He is known for performance paintings such as cannon shooting painting, crane performance painting etc. He also founded the art association « AU » (Art Unidentified) which aims to give amateurs an artistic experience. In his later years, he contributed to these activities to educate and help people through the arts. The term « Shimamoto meme » refers to the transmission of Shimamoto’s artistic mind and attitude towards the arts. This attitude is shared by many, including Miyuki, who was moved and touched deeply by his art and life. She is a follower of the Gutai conviction that Art is an activity for the liberation and opening of minds. Through her art, Miyuki overcame difficulties in her life. Art helped her to destroy the heavy chain that had long fastened her heart and then smash it into fragments.

In her youth, she suffered from strained parental relationships and social pressures formed by banal stereotypes. Pains she felt are not far from those we have when wearing un-suitable clothes, or by a corset confining our body from the chest to the hip. « Nyotaku »*, one of the most significant works of Shozo Shimamoto is worth analyzing. This important work received much unfair criticism and was misinterpreted by those who lack the capacity to understand its purpose. It was treated as a downright scandal in Japanese society. A play on the word “Gyotaku,” or “fish print/impression,” “Nyotaku” literally means “Female print.” Nyotaku is an ink rubbing of a female body on paper. Miyuki stripped naked to model for the Nyotaku works, at one point completely nude. Ben Shimons, a renowned American photographer, was deeply interested in Nyotaku, saying that in Nyotaku women are natural and free, representing their lives as they were. Miyuki became one of Ben Simons’ best loved models. He appreciated her inner energy and brilliant beauty. A young Miyuki gradually came to understand positive energy as the most important thing to survive in this world. The nourishing of her strong, exposed soul through her Nyotaku experience and Ben Simon’s photographic work helped her to find her way towards “Newspaper Woman.”

Miyuki is always smiling. In each of my personal encounters with her, and in her pictures online, she radiates happiness. I believe smiling people have a naturally positive influence on the world and enable the spread of joy by sheer presence. Smiling people are essentially much stronger than those who carry a depressed and sad look wherever they go. Miyuki’s positive energy, something most worthy of being transmitted from one individual to another, is precious and irreplaceable.

Newspaper woman and newspapers
Newspaper woman uses newspapers as the main material for her artworks. Every day, vast quantities of newspapers are published to inform their readers of news, only to be thrown away soon after. Newspapers are printed day by day in vain… Before working as an artist, Miyuki Nishizawa, studied fashion at university and worked for a company as designer for 12 years. She was unmoved by the high-paced fashion industry and the contemporary consummation society. She felt sick watching those around her carry out a lifestyle where material objects are purchased in great quantity and frequency only to be ignored or tossed aside. Indeed, the high-speed apparel industry’s scheme is very similar to that of newspapers as a materialized mass media. She decided to drop out of the barren cycle of consummation in order to start carrying out artistic activities by using newspapers as compensation for things she had abandoned thus far.

Shozo Shimamoto, her master, also used newspaper as a material for painting in the beginning of his career. The work is commonly known as « Holes »(1954, Shozo Shimamoto, Work Paint on newspaper, Ashiya City Museum of Art & History ). Its concept was born from the same moment of the avant-garde artist, Shozo Shimatmoto. Shimamoto, whose parents had not allowed him to major in arts at the University, decided to apprentice himself to Jiro Yoshihara(the leader of Gutai Art Association founded in 1954). Shimamoto painted everyday without capturing Yoshihara’s approval. In those days, just 5 or more years after the end of World War Ⅱ, the young man who lacked financial means to buy canvas, superimposed newspapers on the wood frame, coated it with boiled flour (imported from the U.S.A through the GHQ*) and finished with white paint. One day when he was pressed to finish a painting, a hole was ripped on the canvas because its surface hadn’t yet dried. –  » Am I the first artist who invented a painting with a hole ? » – As he expected, Yoshihara ardently praised the « broken » painting and he afterwards gained a positive reputation abroad. When Shimamoto’s early works obtained a durable existence with a permanent place in several museums, then newspaper canvas’ were fossilized at the cost of its liberty. In contrast, newspapers in Miyuki’s works are free and represented very differently: mobile, cut into fragments, shredded, teared, modeled, touched, worn, and thrown away immediately after her performances. Her newspapers live through a brief, joyful existence for the sake of Newspaper Woman’s performance participants.

*GHQ (General Headquarters): After the World War, the Allied Powers held by Douglas MacArthur ruled Japanese government during the Occupation of Japan. Supreme Commander for the Allied Powers (SCAP) is the official title however GHQ was the term generally used in Japan.

The « Eco-Art » (Art for the ecology) is not the only reason Miyuki uses newspapers. If you look more carefully into the real signification of the use of newspapers in her artworks, you can clearly understand the important character of newspapers as a « mass media ». Contrary to the beauty and joy in her artworks, the contents of newspapers always represent information about horrible accidents, scaring wars, durable tribal conflicts or political discords and bad business. When we let our eyes to follow these articles about depressing events, we cannot avoid getting the impression that the world is filled with tragic stories, and actually, it may be a kind of truth.

I’d like to introduce one of the most reputable works titled « Peace Road », presented in a famous Japanese art magazine, Bijutsu-Techo on June 2004. In this work, she faced the tragedy of 9.11 of the U.S.A by collecting paper articles about the issue. She blotted out the part concerning 9.11 with five colors: blue representing our planet, and white, black, red, yellow representing people’s skin colors. She created a 1.2 km long newspaper “Peace Road” passing through a shopping arcade in Kobe. An earnest hope for world peace and for contributing to people’s happiness is shared concepts in Miyuki’s work. This project is replicated worldwide, including several places in Japan and at Saint Mark’s square in Venice, setting paper streets round the globe!

On February 11 2013, Monumental crane performance in Allentown
The crane performance is symbolic of the dynamism and energy of Newspaper Woman. While Shimamoto’s crane performances were carried out to make a giant painting by throwing colorful, ink-filled glass bottles from the sky, it is Newspaper Woman herself who becomes a living sculpture in her crane performance. She wears a giant, 20 meters long newspaper dress. The giant paper skirt can enclose the spectators observing her from the ground as they look up into her skirt! Miyuki has a serious pathological fear of heights. However, her fears are undetectable as she appears chilled out and happy in the sky, sometimes releasing an elegant blizzard of falling newspaper fragments, like cherry blossom petals. The first task in Allentown this February was the crane performance. The preparation lasted all-night. There was heavy snowfall. Needless to say, rain or snow is most inconvenient for the paper works which break easily when wet. Journalists, local media interviewers and even the mayor of Allentown city came to see the spectacle. Miyuki felt heavy pressure knowing she was to carry out this performance in the place of the late Shozo Shimamoto, that is to say, she wouldn’t be excused of any small mistakes.

This celebrated performance ended in great success, surrounded by applauding spectators and their smiles.
« Then, I was caught by some odd sensation. Before, I had been down on the ground clapping my hands with other spectators, to cheer him on. However, this time I was in Mr.Shimamoto’s place, looking down at the people on the ground. » said MIyuki.

The triumph of the crane performance in Allentown has a crucial significance for members of Shozo Shimamoto atelier, Newspaper Woman’s group and Miyuki Nishizawa herself.
Her dear master “has retired from his activities in the real world, » leaving amazing and testing opportunities for her and her comrades. This sensitive and fragile Nyotaku model has now become an independent artist who, suspended alone in the sky by a big crane, is applauded by people on the ground. Sometimes she appears in public elegantly or sometimes suddenly, like a guerrilla, making her beautiful music and dance experiences to spread joy to all people present. Everything she makes exists for « liberating people’s minds » and for delivering happiness to each person she meets.

She said,
« I have succeeded in freeing my mind thanks to the arts, as well as Mr.Shimamoto and many friends around me as well. Then, I want to help people who currently have difficulties living joyfully by liberating their minds from their suffering, even if for just a moment. I hope this happiness will be spread to young people of the next generation. »


Author :

Born in 1984, in Sapporo, Japan
Docteur, Art Critic, Essayist, lecturer at the Université Paris 8.

document en PDF (télécharger)



Workshop « Journée avec Miyuki : Habillons-nous en papier-journal » / ワークショップ「新聞女の日:新聞を着よう!」

J’ai le plaisir de vous inviter au workshop « Journée avec Miyuki : Habillons-nous en papier-journal » qui aura lieu le 17 avril, suivi par la découverte de la performance collaborative avec l’artiste japonais Keita Mori et le parcourt agréable pour des prises des photos-souvenirs aux lieux importants de la ville de Paris.

Appris la couture à l’université, travaillé pendant 12 ans dans le domaine de la mode, Miyuki utilise ses techniques et ses connaissances riches pour produire des robes en papier-journal. Mais pour Miyuki, s’habiller en papier-journal ne signifie pas un simple acte amusant. L’artiste considère que le quotidien est un média qui nous informe souvent des mauvaises nouvelles, tels des catastrophes, des accidents et des histoires tristes. Transformer les journaux en vêtement et les porter nous permettrons de bouleverser le sens de ce média de masse, nous offrant une nouvelle expérience d’être ouvert d’esprit grâce à cette pratique.

Commençons dans la matinée la création de vos vêtements avec Miyuki, ensuite nous nous rendons au lieu de la performance en collaboration avec Keita Mori. Puis, nous inviterons tous à prendre des photos-souvenirs avec Miyuki à certains lieux importants. (Bien, cette journée dense est suivie par un apéritif chez moi…)
Venez nombreux ! Pour le détail et plus d’information, n’hésitez pas me contacter.

***Rendez-vous : à l’entrée principale de l’Université Paris 8 à 10h40.





***Rendez-vous : à l’entrée principale de l’Université Paris 8 à 10h40.


新聞女 4月15日正午 パリ第8大学 / Intervention de Miyuki Nishizawa, Newspaper Woman, le 15 avril 2015 à Saint-Denis

Please walk under here, Guggenheim NewYork, 2013

Please walk under here, Guggenheim NewYork, 2013

J’ai le plaisir de vous inviter à l’intervention-performance de Miyuki Nishizawa, autrement appelée Newspaper Woman, dans le cadre du cours « Création littéraire » à l’Université Paris 8, le 15 avril 2015.
Miyuki Nishizawa, vit et travaille à Osaka et Kobe au Japon, est l’un des successeurs directs du mouvement artistique Gutaï. Miyuki Nishizawa a développé sa conception artistique avec son maître Shozo Shimamoto, artiste. Miyuki Nishizawa a été invitée pour une performance au Musée Guggenheim à New York en 2013 et a participé à de nombreuses manifestations culturelles non seulement au Japon mais aussi dans divers pays comme la France et l’Italie.

Elle utilise le papier journal, en tant que média, rempli souvent par de nombreux événements tristes, édité, imprimé et jeté quotidiennement. L’art de Miyuki réalisé en papier journal n’est pas qu’art écologique (car elle recycle le papier), mais transforme ces informations tragiques en énergie positive pour nous encourager à vivre, s’habillant d’une magnifique robe de papier journal. Porter bonheur et nous amener à la paix mentale à travers sa performance : ce sont les deux objectifs de l’art de Miyuki.

À cette occasion, elle nous racontera son idée artistique, son parcours original et ses projets en cours. Ensuite elle présentera une oeuvre intitulée « Peace Road » conçue après les attentats du 11 septembre. Il s’agit d’une performance pour souhaiter la paix dans notre monde où il peut y avoir différentes cultures, différentes religions, différentes racines. Cette oeuvre importante a été réalisé au Japon, en Italie et dans d’autres pays. À l’occasion de cette intervention, j’ai le plaisir de vous inviter à témoigner de cette nouvelle version réalisée à Saint-Denis, et à partager un moment significatif.

MIyuki Nishizawa suspendue, performance de la grue

MIyuki Nishizawa suspendue, performance de la grue





Peace Road, Venise

Peace Road, Venise

Pour plus d’info, merci de me laisser un commentaire.


nouvelles vagues @palais de tokyo/展覧会『ヌーヴェル•ヴァーグ』@パレ•ド•トーキョー

Nouvelles Vagues @ Palais de Tokyo,
Exhibition of Curation 21人(グループ)のキュレーターによる21通りの展覧会
Palais de Tokyo site « nouvelles vagues »

さて、パレ•ド•トーキョーで開催されたNouvelles Vagues(新しい波(複数形))という展覧会は、それはとりあえず、ビエンナーレとかトリエンナーレとかそういった集合展示を見に行くのと同様の心構えで行かないと途中でキレてしまう恐れがある。もちろんガイドブックを買う必要も無いし、つまらんもんは飛び越して行けばいいのだが、どうやって視るにせよ、入り口から出口までの行程自体が非常に長い。幾つかの作品の前で長く足を止めた私は、一番下の地下階から始まって、二回の会場でそれが終了して出口で日光に再び出会うまでに実に四時間弱かかっている。念のため付け加えるが、私は全ての作品を隅々まで入念に視るような几帳面さも持久力も持ち合わせていない、に関わらずである。
展覧会Nouvelles Vaguesのコンセプトは以下である。
Palais de Tokyoでは、世界中13カ国から集まった21人の若きキュレーター(あるはキュレーション•グループ)による展覧会を開催する。Palais de Tokyoのギャラリー委員会は、この空間を30あまりのスペースに分割し、それぞれのキュレーターたちに一つの展覧会を構想するよう依頼した。この未聞の企画はパリのアート界でも初めての試みとして、現代アートが生れて発表されるこの街に新しい視線をもたらすだろう。このアート企画では、新しいタイプのキュレーターの存在が明らかになる。彼らはアーティストたちの最も近くにおり、そこで才能を発揮する。彼らは各々独立した存在であり、世界を股にかけて展覧会を作り出す。
今日、Nouvelles Vagues(「新たな波」)はアートの生態において生じつつある変容を明らかにするだろう。
(Nouvelles Vagues Cuide, Édito, Jean de Loisy, Président du Palais de Tokyoより)

さて、4時間分をダイジェストにするというのでなく、Salon de mimiのいつも通りの方法で、つまり、作品から何らかのおしゃべりが止めどなく溢れ出してしまうような表現について、ここに綴り、さらなるおしゃべりの可能性を開いてみたいと考えるのである。さらに今回は、キュレーションという小宇宙が複数存在している展覧会であることを踏まえ、ルートに従って作品を紹介して行きたい。

La Méthode Jacobson by Marc Bembekoff
第一の展覧会は、Palais de Tokyoの最下階にある。薄暗い通路にネオンの絵画、通路を抜けたやや明るい空間にFeiko BeckersのインスタレーションSafe and Sound(2013)がある。そこにあるのは、一辺が160cmもある分厚いコンクリートの板が2枚直角に並置されている、ミニマリストの彫刻風?のものである。その傍らにはアーティスト自らがアシスタントと共に熱心に作業をしている映像が放映されている。アーティストは、アリゾナ州に実験的に造られたユートピア都市Arcosantiの最も典型的なアーキテクチャフォームである、直方体のコンクリート建築への呼応として、手作りのコンクリートを丁寧に造る。Feiko Beckersは、その試行を通じて、現代の奇妙な都市生活:都市の中心で働き、バカンスには一斉に田舎の一軒家に移動して数ヶ月を過ごすという無駄で義務的な人々の大移動にたいして、人間は家の中で安全に過ごすことができ、生きるのに必要なのはたった一つの小さいステュディオだけでいいのだと語る。

また、同キュレーション内で、Agnieszka Ryszkiewicsは、ポストカードのインスタレーションを発表する。パリに住む若い女性であるPamとTed Colemanというテキサスの牧場労働者の間の親密な手紙のやり取りを、鑑賞者に対して提示する。そこには、彼らの個人的な想い出や、身体性を伴う記憶や物語が綴られている。鑑賞者はそれを目で追いながら、この先も決して会うことのないであろう二人の人間の、語り合う声が聞こえてくるようなストーリーのなかに息をひそめる。


The Black Moon by Sinziana Ravini
現在2013年9月よりCentre Pompidou(ポンピドーセンター)のGalerie Sudで回顧展を開催しているPierre Huygheもこの展示の中で重要な役割を担う。展示されたのは、Huygheが2009-2010年にかけて撮影したThe Host and the Cloudという映画のイメージである。この映画において、Huygheが描き出したのは、廃墟となった美術館における物語の迷宮、暗闇におけるミサ、ボロメオの分岐点、催眠術とミステリアスな出来事の続く不可思議な世界である。登場する人間たちは、顔面に四角い板のようなマスクをつけてロボットのように列を作っている。

ADA by Ken Farmer & Conrad Shawcross
産業ロボットを組み立てて生み出された、ADAというロボット。1977年生れのConrad Shawcrossは、19世紀ヴィクトリア朝期の数学者エイダ•ラブレス(Ada Lovelace)へのオマージュとして造られた。光と音楽を伴い、幾何学、科学、詩学、論理学に深い関心を抱いていたAda Lovelaceという19世紀の女性。彼女は、詩人バイロンの一人娘として育ち、チャールズ•バベッジとともに世界初のコンピュータプログラムを書いた(解析機関用プログラムのコードの記述が見つかっている)。若くして子宮癌を患ったエイダは、父バイロンと同様に36歳の時、瀉血によって死んだ。

Artesur, Collective Fictions by Albrtine de Galbert, Isabelle Le Normand, Andrew Berardini, Jesse McKee & Anca Rujoiu
Collective Fictionsの展覧会では、Albrtine de Galbertが若いキュレーターグループに呼びかけを行い、彼らが独自にラテンアメリカの現代アーティストをセレクションして展覧会を構成するという入れ子の構造を作り上げている。それぞれが作品やアーティストを選び、それが最終的にどのように展覧会として完成するか。ここでは、選択する主体自体も複数の人間によって行われていると言う点で、キュレーションとは何なのか、コラボレーションとは何なのか、全体の選択と個人の主観的選択はどうネゴシエーションされるのかという問題を照らし出している。

Leyla CardenasはPalais de Tokyoの白い壁に刃物で傷をつけて塗料を繊細に剥がしたり木の部分を露にすることによって、2.3m×3.5mの大きな絵画を生み出した。Removido (2008)

Eugenia CalvoのMore Heroic Work(2008)は、新聞女こと西澤みゆきさんのパレードに登場した、シュレッダー•モンスターがまとっていたコスチュームを彷彿とさせる、刻まれた紙の山である。西澤みゆきさんの制作においても、新聞や広告という本来の用途や内容、情報を乗せた媒体をシュレッダーにかけることには象徴的意味を伴う。Eugenia Calvoの場合にも、言葉の山をもはやつかみ取ることのできない細かなフラグメントにまで解体し、それを膨大なヴォリュームとして提示することによって、鑑賞者に途方も無い瞑想を喚起する。それらは解体されて自由になり、風が吹いたなら飛んでゆける可動性を得た。そして意味すらも失った。


Concert Hall by Jean Barberis


Un Escalier D’Eau by Natalia Valncia (Curator), Felipe Arturo(Scenography)
Herz Frankが1978年に35ミリで撮影した10分間の映像作品は、闇の中に子どもたちの次々に移り変わる表情を捉える。子どもは大人のそれよりも潤った目を見開き、時には眉をひそめ、口を開け、頬の筋肉を強ばらせたり、唇をすぼめながら、大画面に映し出されるそれぞれの子どもは、誰一人として同じようには反応しない。このショートフィルムは、フランクが10分間のマリオネットの劇を見ている子どもたちの表情を撮影したものである。本来誰にも目にされるはずの無かった子どもたちの表情は、こうして35年後、我々の目に触れることになる。それぞれはもう40代の大人になり、それぞれの人生を送っている。

Manon de Boerは即興ダンスを踊るCynthia Loemijを撮影した。ウジェーヌ•イザイ(Eugène Ysaÿe, 1858-1931)のヴァイオリンのための三つのソナタを聴く。イザイはベルギーのヴァイオリニストであり作曲家でもあった人物だ。Cynthia Loemijは10分間取り憑かれたかのように音楽を聴き、その音楽は彼女の身体に染み込んだかのように、ダンサーはインプロヴァィゼーション•ダンスを舞う。

The Real Thing? by Antonia Alampi & Jason Waite
Real Snow White(2009)は、白雪姫のコスチュームを来て、ディズニーランド(ユーロ•ディズニー)を訪れる、という作品だ。アーティストのPilvi Takala(1981年生れ)は、全身完全なSnow White(白雪姫)のドレスをまとってパリの郊外にあるユーロ•ディズニーを訪れる。入場のためにその他の客と共に列を作っているところに係員がやってくる。彼女はフランス語が分からないというと、係員はたどたどしい英語で、白雪姫のコスチュームを来たままでは、他の客が「ホンモノの」白雪姫と混乱してしまうから入場できないと言う。子どもたちは、ヒロインたちのコスチュームを着てるじゃない、とまわりの少女たち(白雪姫のコスチュームを来た少女)を見ながら訴える。係員が苦心していると、彼女のまわりに子どもやその母親が集まってきて、「とてもキレイ、本物の白雪姫だ!」といって写真やサインを求める。彼女はそれに応じる。やがてもう別の女性スタッフが憤りをあらわにしながら、彼女に即座にトイレで着替えてくるように言う。するとまわりの子どもや家族連れは、「なんだ、偽物か」といって騙されたことに憤慨し、その場を去って行く。中にはそれでもサインを求めたり、写真を一緒に撮ろうとする者もいる。彼女は結局、訴えも虚しくトイレに連行されて、白雪姫のコスチュームで入場できなかった。それは彼女が、ディズニーランド内のどこかにいる、「本物の」白雪姫を脅かしてしまうからである。



本キュレーション »The Real Thing? »は、1960年代、東京のギャラリーにおいて発見された風倉匠の全裸不動のパフォーマンス、その日本における前衛美術家の実験的表現に着想を得ており、とりわけ風倉匠が自身のアクションをしばしば »The Real Thing »と名付けていたことに由来する。ここでは、Pilvi TakalaのReal Snow Whiteを始めとして、リアルとフィクションの境界を可視化あるいは不可視化するような作品群が提示される。

最期に、Henrique Oliveiraによる、Baitogogoの麓を歩いてみることにしよう。サンパウロ在住の画家、彫刻家である Henrique Oliveiraの壮大なプロジェクト、巨大な木彫刻である。Palais de Tokyoの一部が、うごめき、変形する。それは確かにかつて見たことの無いもので、驚きと呼ぶものである。



新聞女論 vol.3 西澤みゆき – 新聞女はその踊りを醒めない夢の中で踊る。/ Newspaper Woman, Miyuki Nishizawa

本記事は、第三弾に渡る新聞女レポート&新聞女論の第三弾(最終!)、「新聞女論 vol.3 西澤みゆき – 新聞女はその踊りを醒めない夢の中で踊る。 」です。





嶋本昭三の作品のひとつに、「女拓(にょたく)」がある。この素晴らしい作品は、彼の芸術行為を真っ向から受け止めることのできない人たちによって、しばしば不当な批難を浴び、日本社会ではスキャンダラスに扱われてきた。あるいはまた、イヴ•クラインの青絵の具を用いたパフォーマンス(Femme en bleuなど)と比較されることがあるが、イヴ•クラインのパフォーマンスが完全にコンストラクティッド(演出され、構成された写真)であるのに対して、女拓モデルの女たちが自由である嶋本の実践は全く性質が異なると言わなければならない。女拓は文字通り、魚拓の女バージョンである。女たちの裸の身体に墨を塗って、色々なポーズを紙に転写する。西澤はアパレル業界で十数年勤務したのち嶋本と再会すると、そこで女拓モデルをするために、全裸になった。女拓は嶋本昭三のアートスペースを利用して行われた。実は、「女拓が行われた」というのはやや語弊がある。実際にそれは生活のように自然に営まれたのである。もはやそれは一過性のパフォーマンスでも拓をとるための準備でもなく、裸で生活することそのものである。我々が作品として目にしてきた墨を塗られた女の裸体の様々な部分が紙の上に再表象されたものは、女拓という営みにおける最も物質的な結果にすぎない。女たちは、全ての纏うものを脱ぎ捨てた生活の中で、すこしずつ何も纏わないことに慣れていく。自分のものとは違う他人の裸、身体部位のかたちや色の違い、肉付きや骨格の違い、傷があったり老いたり子どもであったりする身体。魚拓がそうであるように(つまり、様々な種類や大きさの魚の記録であるように)、女拓もまた、女の生の記録である。それぞれの女たちの、異なる人生の記憶である。西澤はこの女拓生活を通じて、一人一人異なるはずの女たちの身体が、どの裸もおしなべて美しく、それがいわば全ての不要なものを脱ぎ去ったあとの魂のつきあいであることを発見し、それと同時にそれまで自らの心を覆っていた悪いものをバラバラに打ち砕いた。

著名なアメリカの写真家であるベン•シモンズ(Ben Simons)も女拓に関心を抱き、これを撮影した。墨で真っ黒になった裸の女たちの身体。彼は女に何のポーズも表情も要求もしない。女があるままに、裸でそこにいるままに撮った。彼は女拓の女たちの美しさを絶賛する。西澤みゆきはベン•シモンズがとりわけ愛した女拓モデルのひとりだ。生き生きとした命が発するひかりのようなもの。西澤は女拓の生活とベン•シモンズの写真を通じて、ハッピーを伝染するアーティスト「新聞女」となるための強い「たましい」を得た。



新聞女の最愛の師は、彼女と彼女と共にある者たちにチャンスと試練を残し、「現世での活動(を)引退」してしまった。(*「新聞女タイムズ」、特別号外より) 傷ついて繊細だったひとりの女拓モデルは、今やたった独り勇敢にクレーンに吊り上げられ、上空において人々の大喝采を全身で受け止める。彼女は、時にエレガントにまたあるときはゲリラのように人々の前に現れ、彼女自身の音楽を紡ぎ、彼女自身の舞を舞う。出会った人たちにハッピーを伝染するために。すべては、ひとりでも多くの出会い得る人々の「精神の解放(/開放)」と幸せのために。





新聞女論vol.1, vol.2, vol.3をお読みいただいてありがとうございました。


新聞女論 vol.2「アートは精神の解放」 – 裸のたましい、ハッピーを伝染する。/ Newspaper Woman, liberating minds by arts

本記事は、第三弾に渡る新聞女レポート&新聞女論の第二弾、「新聞女論  vol.2「アートは精神の解放」 – 裸のたましい、ハッピーを伝染する。」です。


citée de The Morning Call

Newspaper Woman, citée de The Morning Call

嶋本昭三(1928.1-2013.1)は具体の創立メンバーの一人で(「具体」という名の提案者)、絵の具をキャンバスに投げつけたり、クレーンで吊られて上空から巨大な絵を描くパフォーマンス•ペインティングで知られる。晩年はAU(Art Unidentified)を組織するなどの活動を通じてたくさんの人々に芸術表現による精神交流のメソッドを伝達した。彼の芸術や生き方に触れた人々は「嶋本ミーム」(嶋本昭三文化的遺伝子)を伝承する者として、この遺伝子を世代を超えてさらにたくさんの人に拡散していくことができる。西澤みゆきもこの嶋本ミームをもつ者の一人だ。実は、嶋本昭三の絵画作品の中にゆくゆくは西澤のメディアとなる新聞を利用した作品がある。あの有名な穴のあいた絵画がそれだ。「作品」(1954年 芦屋市立美術博物館)のコンセプトは、前衛美術家嶋本昭三の誕生と同時に創り出されたアイディアである。美術を志すも、親に美大で学ぶことを許されなかった若き嶋本は1950年代始め、知人の紹介で吉原治郎(1954年に具体美術協会を結成)に弟子入りすることを試みる。毎日毎日絵を描いて見せに行くものの全く認められない。貧しかった嶋本は、木の枠に新聞紙を貼り、メリケン粉(戦後日本にGHQを通じて入ってきたアメリカで精製された真っ白い小麦粉)を炊いたものを塗り付けてその上に白いペンキを塗ったものをキャンバス代わりにしていたのだが、ある日それが濡れたまま急いで描いたところ穴の空いた絵ができてしまった。ー「穴の開いた絵なんか世界中にないんでは?」ー その絵が吉原治良に嶋本の才能を認めさせ、当時日本での厳しい評価をよそに海外では直ちに高い評価を得た。新聞が初期嶋本作品においてキャンバスの代わりに用いられ、それは時間が経つとカサカサになって割れたり穴が空いてしまうがその作品は今も幾つかの美術館に残り続けている(つまり、新聞は木枠と白ペンキで固定され、時の中に封じられることで、失った自由と引き換えに持続するいのちを得ている)。その一方で、新聞女の新聞は自在にかたちを変え、動き回り、刻まれ、破かれ、象られ、触れられ、纏われ、つかのまの時間を、それと遊ぶ人々とともに生きている。

SHIMAMOTO Shozo, Work, 1954

SHIMAMOTO Shozo, Work, 1954



「新聞に書いてある内容はほとんど悲しいことや辛い目に遭った人のこと。テロや戦争、原発… 私に少しでも力があればぜんぶ解決したいがそれは叶わない。せめてその新聞紙を使って皆の心がすこし幸せになれたらいい。」(西澤)


2004年6月の美術手帖に取り上げられた有名な新聞女のパフォーマンス作品がある。「Peace Road / 平和の道」は、新聞紙の中の9.11のテロに関する記事を選択的に使用して作られた作品だ。テロに関する記事の部分を、地球の色としての青、そして人々の肌の色である白•黒•赤•黄の計5色で塗りつぶし、神戸の元町駅から西元町駅までの1.2kmの道のりを一本の新聞の道として繋いだ。平和を祈り、人々の幸せに貢献したいというコンセプトは新聞女の表現活動の最も基本となる考えである。このプロジェクトは、ヴェネツィアのサンマルコ広場でもゲリラパフォーマンスで実践されている。こうして、異なる国や大陸で繋ぎ続けて行き、いつかは「地球をぐるっと一周peace roadでつなげたい」と彼女は述べる。
(参考 新聞女HP)


citée de The Morning Call

Crane Performance, citée de The Morning Call





新聞女は明日、明後日も(4月30日ー5月2日)高の原AEON MALLに現れる!
(リンク http://www.aeon.jp/sc/takanohara/event/
13:00~岡田絵里 はし袋でパレードしよう
13:00~八木智弘 自分だけのミサンガ作り
場所:2F 平安コート他


「新聞女論 vol.3 西澤みゆき – 新聞女はその踊りを醒めない夢の中で踊る。」もお楽しみに!


新聞女論 vol.1 新聞女@グッゲンハイム美術館 – 新聞は纏うとあったかい。/Newspaper woman @guggenheim museum

本記事は、これより第三弾に渡る新聞女レポート&新聞女論の第一弾、 新聞女論 vol.1「新聞女@グッゲンハイム美術館- 新聞は纏うとあったかい。」です。


Newspaper Woman wearing  Shozo Shimamoto's painting

Newspaper Woman wearing Shozo Shimamoto’s painting

神様の偏西風が逆向きに吹いて、全く訳の分からないまま、私を乗せた飛行機はぐいぐいとニューヨークに引っ張られ、私がグッゲンハイム美術館の裏口に侵入したのは、19時半すぎ。「新聞女パフォーマンス@グッゲンハイム美術館 in NY」(Art after Dark, site )の開始時間の1時間以上前だ。本来JFK空港着予定が19時55分で、そこからうまく渋滞がなかったとしても、美術館に着くのは22時近くなりそうだったのだ。ミステリーである。私はその前日も飛行機でも寝ておらず神様の追い風のせいで頭の芯がしびれており、図々しいとはもちろん思いながら、準備中で確実に大忙しの西澤みゆきさん(新聞女, 新聞女HP)にコールしてもらった。新聞女はまだ新聞を纏っておらず、白いぴたっとしたカットソーを着ていた。彼女は私が着いたのを喜んでくれ、私はとてもわくわくし、三日分の荷物を詰めたちっちゃいスーツケースを引きずって、彼女が手伝わせてくださるという制作の現場にひょこひょことついていった。

kobe, 2012

kobe, 2012

私が新聞女パフォーマンスに出会ったのは昨年、2012年5月12日に神戸ファッションミュージアムで行われた記号学会においてである。小野原教子さんが実行委員長をされた『日本記号学会第32回大会 「着る、纏う、装う/脱ぐ」』(JASS HP)の学会第一日目、アーティスト「新聞女」が現れて、たくさんの研究者とか大学の先生とか学生さんで溢れる学会の会場がたちまち新聞で覆い尽くした。彼女は台の上で新聞一枚でぐるりと回りを覆われながら、そのなかで、全部脱いで、裸になって、ドレスを纏った。
(記号学会でのパフォーマンスの写真やコメントは以下ブログ うきうきすることが起こった。日本記号学会 5月12,13日 神戸にて。Part1

after the performance, kobe, 2012

after the performance, kobe, 2012



グッゲンハイム美術館から直々のインヴィテーション。新聞女と新聞女ズ、そしてAU(Art Unidentified)の一団はニューヨークの郊外アーレンタウンを拠点に2013年2月初頭にアメリカに渡り、そこでFUSE Art Infrastructureの支援を得て寝食を共にしながら、 »Lollipop »(lollipop itinerary)という一連の企画でアーレンタウンとニューヨークで連日制作発表の多忙且つアーティスティックな日々を送っていた。グッゲンハイム美術館からのパフォーマンス依頼が届いたのは、彼女の最愛の師匠嶋本昭三さんが亡くなったその瞬間であったということを知る。全ては、小さな人間には手の届かない遥かに大きな「なにか」にうごかされた運命なのである。彼女たち数名は意を決して帰りの飛行機チケットをどぶに捨て、来る3月9日夜、嶋本ミーム*を共有する者たちのエネルギーでグッゲンハイム美術館を新聞で覆い尽くすことを誓ったのであった。私は突然の渡米を決めた。私はアメリカに行ったことが無い。自分がアメリカに行くというのはとても不思議に思えた。京都からは吉岡洋さんが具体と新聞女についてのインタビューを受けたりするため渡米する予定で、私もいっしょに新聞女のパフォーマンスを体験することにした。この記念すべきパフォーマンスのために、仙台の中本誠司美術館は嶋本氏の作品を西澤みゆきがグッゲンハイムのスロープで衣装として纏うことを許可し、当美術館からも当パフォーマンスへの協力者がかけつけ、ユタ州からは元新聞女ズの強力な助けがあり、フロアに設置された巨大新聞と新聞女号外の制作者やニューヨーク在住の知人協力者、そしてもちろん一ヶ月間連日制作発表を共にしてきた新聞女ズの中心に、笑顔で皆を率いる新聞女の姿があった。新聞女は、笑っている。舞台裏で制作に汗を流す仲間たちに指示を出し、自らも運び、走り、彼女のエネルギーがそれが遠くにいても感じられたりするなにかであるようにまばゆかった。

wearing her beautiful dress made of Shinbun

wearing her beautiful dress made of Shinbun


舞台裏にはたくさんの仲間たちがさすがはプロの手早さで作業をしており、私なんかが急に邪魔しにやってきて説明していただく時間や労力を割いてもらうのすら恐縮だったので、見よう見まねで出来るだけ頑張った後はジャーナリストに徹して写真を撮りまくろう(つまりサボり!)とひとり決意し、それでも教えていただきながら皆さんの巧みな新聞さばき/はさみさばき/ガムテープさばきを盗み見しながら、作品のほんの一部だけ制作に貢献した(ような気もする)。それぞれの分担作業に取りかかる前に、ボス新聞女から皆にパフォーマンスの段取りの説明があった。このパフォーマンスはなんと、21時から24時までの3時間持久レース、幕開けはPlease walk under hereの裾が30mにも及ぶレースでできた新聞ドレスでの登場。その後グッゲンハイムの名物スロープを利用して様々な新聞コスチュームを纏ったパフォーマーがヴィジターを巻き込んでパレードする、パレードが終わるとフロアでは巨大テディベアがどんどんその実態をあらわし、その傍らシュレッダーされたモサモサの新聞を生やしたニュースペーパー•モンスターがそれをフサフサさせながら踊る。フロアにいる人は、演歌や新聞女のテーマというジャパン的BGMに乗って「半額」とか「30円」のレッテルをぺたぺたくっつけられながらそこにいるだけで面白くなってしまう。そして、スロープには大きな「gutai」の文字をバックに嶋本昭三作品をエレガントに纏う、みゆきさんの姿が…。

Newspaper Woman's newspaper, special edition

Newspaper Woman’s newspaper, special edition


Princess !

Princess !

フルで3時間続くパフォーマンスなんて、いったいどんな体力であろう。しかも彼女らは連日の制作•発表•制作•パフォーマンスの多忙の中で寝ずに今日の日に突入しているという。フロアは入場者で満たされていく。Please walk under here ! の長い裾を皆で丁寧に支え、スタンバイ状態に入る。ああ、なんて、皆を巻き込むパフォーマンスはただひたすらにワクワクし、そこに存在するだけで楽しいのだろう。Please walk under here ! は新聞女の師匠、嶋本昭三氏の「この上を歩いてください」(Please walk on here, 1955)のオマージュである。女の子のスカートの下(というか中?)を歩く。めくり上げられたスカートの内側をあなたは堂々と歩いてよい。その長い長いスカートの裾はとても繊細なレース模様が施されており、それをばっさばっさまくり上げながら、観客であるあなたは中に取り込まれるのだ。盛大なスカートめくりであり、あなたはそれを覗く者となる。

"Please walk under here" goes on

« Please walk under here » goes on

Newspaper Woman appears in public !

Newspaper Woman appears in public !

with 1000 visitors

with 1000 visitors

fantastic !

fantastic !


Yoshiko Yamamoto's picture works

Yoshiko Yamamoto’s picture works

in her famous giant jacket, Parade

in her famous giant jacket, Parade

Half price

Half price


これらの大量の新聞は、アーレンタウンで彼女らの活動を支援したFUSE Art InfrastructureのLolipop Co-Directorでアーティストのグレゴリー•コーツが現地で入手してくれたものだそうだ。素晴らしいディテールのレースのドレスも、労力を要求するシュレッダー•モンスターのコスチュームも、可愛い巨大テディベアも、その一夜限りのニュースペーパー•ドリームを演出するために生み出され、そして、処分される。新聞女の作品はダイナミックで、パフォーマンスはエネルギーに満ちている。それらが全て撤収されて、片付けられて、元の世界が舞い戻ってくるような瞬間は、なんだか奇妙にすら感じられる。しかしそこには、たとえば夏が終わったときのような哀愁や寂しさは漂わない。なぜなら、一度新聞女に出会った者はその日の出来事をもう二度と、忘れることが出来ないからだ。そのエネルギーは出会ったあなたの中に既に送り届けられ、それはより多くの人たちと「ハッピー」を共有するために、増殖を続けるのみである。


a big teddy bear after the performance

a big teddy bear after the performance

elegant lace dress after the performance

an elegant lace dress after the performance


*嶋本ミーム ミーム(meme)とは人から人へと行動や考え方を伝達する文化的遺伝子のこと。京都ビエンナーレ(2003)では嶋本昭三と弟子の作品を集めた「嶋本昭三ミーム」展が開催された。

新聞女は明日から三日間(4月30日ー5月2日)、高の原AEON MALLに現れる。

(リンク http://www.aeon.jp/sc/takanohara/event/

日程 / 時間
13:00~高田雄平 自分だけのブレスレット作り
13:00~岡田絵里 はし袋でパレードしよう
13:00~八木智弘 自分だけのミサンガ作り
場所:2F 平安コート他


「新聞女論  vol.2「アートは精神の解放」 – 裸のたましい、ハッピーを伝染する。」もお楽しみに。