12/11/16

artists’ talk: miki okubo & florian gadenne »When arts meet sciences: beyond the gap between art and nature »

『artists’ talk: miki okubo & florian gadenne »When arts meet sciences: beyond the gap between art and nature »』アーティストトーク:大久保美紀 & フロリアン・ガデン”アートがサイエンスに出会うとき:「アート」vs「自然」を越えて

年末にイベントをします!どうぞお越し下さい。14991958_325438104515693_1492988070828960799_n

https://www.facebook.com/events/1726238051029309/

日時:12月28日20:00~22:00(予定)
集合:地下鉄中津駅2番出口上がり19:50集合
内容:対話&交流会
会場:511
参加費:1000円
定員:30名
申込方法:FBか『511』サイト『CONTACT』より申込
http://waon511.jimdo.com/

florian gadenne/フロリアン・ガデン
1987年仏生まれ。美術家。2013年ナント美術大学(ESBANM)卒、芸術修士。サヴィニー・シュル・オルジュ(パリ郊外)にて制作。パリ、ナントを中心にヨーロッパにおける展覧会に多数参加。近年は、Château de Oironにおける子どもアトリエ“ Expériences Hasardeuses”(「偶然的経験」、2016年)、植物/無機物/有機物の相互的関係を科学的に考察する実験的作品を多数発表。芸術と科学の領域横断的研究、とりわけ、バイオロジー、環境の生態系に及ぼす影響が主要テーマ。物や生物に蓄積される記憶や物理的刻印に関するプロジェクト“ Objets cultes ”など長期に渡るプロジェクト多数。2016年第三回PARISARTISTESにノミネート、パリ東駅横Couvent des Recolletsにおいて “ Cellule babélienne”を展示。
website : http://floriangadennecom.over-blog.com/

miki okubo/大久保美紀
1984年札幌生まれ。美学・現代芸術博士。芸術批評、エッセイスト、美術家。INSEEC Business School 非常勤講師。パリ第8大学芸術学部講師。同大学大学院美学・芸術の科学とテクノロジー専修造形芸術・写真専攻で論文『可動的・流動的時代における自己表象』(Exposition de soi à l’époque mobile/liquide, 2015)により博士号取得。研究テーマは自己表象、ファッションの身体論、日記と私小説、参加型アート・インタラクティブアート、ポピュラーカルチャー、芸術と大衆文化の境界。アーティスト恊働のイベントや現代的筆記をテーマにしたワークショップを企画実施。ウェブサイトsalon de mimiに展覧会レビューや作家・作品論、批評誌『有毒女子通信』にエッセイを連載。フランス、日本を中心に講演、研究発表多数。
website : http://www.mrexhibition.net/wp_mimi/

11/9/16

Autofiction(s), écriture de soi, intimité – Colloque à l’Université Tunis

J’ai le plaisir de vous annoncer ma participation au colloque « Ecriture de soi, invention de soi dans les littératures française et d’expression française contemporaines » qui aura lieu les 10, 11 et 12 novembre à l’Université de Tunis.

Mon intervention abordera l’interprétation de l’autofiction chez Hervé Guibert, : Hervé Guibert, Autofiction(s) comme le partage de l’intimité.

tunis-programme-ecriture-de-soitunis-programme-ecriture-de-soi-2tunis-programme-ecriture-de-soi

10/8/16

cellule babélienne, florian gadenne, au couvent des recollets, Paris

cellule babélienne (2016)
florian gadenne
site artist: http://floriangadennecom.over-blog.com

Venez voir nombreux l’installation de Florian Gadenne « cellule babélienne » au couvent des récollets – 148 Rue du Faubourg Saint-Martin, 75010 Paris, Samedi 8: 12-19h et Dimanche 9: 12h -17h,
(moi j’y serai dimanche de 14h30-fin.)

exposition: LA 3ÈME ÉDITION DES JOURNÉES PORTES OUVERTES DE PARISARTISTES
https://quefaire.paris.fr/fiche/156620_le_couvent_des_recollets_accueille_parisartistes_2016

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

10/4/16

L’UN L’AUTRE, exposition à Nantes en novembre 2016

展覧会L’UN L’AUTREは、ナント市の医療研究機関IRS2の開館に際して、本研究機関構内および屋上を利用した展覧会です。私はアート批評家として、本展覧会カタログ掲載のテクストを執筆、参加アーティストの作品についての論評および展覧会趣旨についてのマニフェストを寄せています。

本展覧会が焦点を当てているのは、感染症における宿主―病原体のインタラクションについてです。芸術的アプローチを通じて、このような専門的な主題に対して何かアクションを起こすことは可能なのか。専門的でありながら、医療や科学は私たちの日常や生きること、より良く生きることそのものに深く関わっています。本展覧会でアーティストたちがやってみせるのは、“先端”/“専門”領域に属するテーマについてパブリックの関心を喚起するための実験であり、研究であり、新しい実践であるということができます。例えば、清潔や健康という概念はさまざまな言説に取り巻かれており、何が正しい情報なのか、何が適切な知識なのか、非常に分かりにくいのです。芸術の役割あるいは重要な潜在性は、こういった閉じられた専門領域を開いてコミュニケーション可能にすることにあります。

本展覧会でアーティストたちによって提起されたアプローチは、多様な関係性への(環境―病原体―宿主―人間の身体―病気と生命)新たな解釈へと私たちを導いてくれます。

J’ai le plaisir de vous annoncer ma participation à l’exposition L’UN L’AUTRE à l’occasion de l’inauguration du bâtiment l’IRS2 à Nantes en novembre 2016. Je serai auteur du texte intégré dans le catalogue de l’exposition ainsi que l’extrait exposé dans cet espace. La thématique que nous travaillons est la réflexion sur l’interaction hôte-pathogène via éventuelles approches artistiques. Il s’agit d’abord d’une considération sur les maladies infectieuses. Il s’agit aussi à notre avis d’une recherche/ expérimentation/ nouvelle pratique qui permet potentiellement de sensibiliser le public sur des sujets scientifiques « spécialisés », d’éveiller la curiosité et l’intérêt sur des connaissances nécessaires à propos de l’hygiène et de la santé, et de créer un accès à tout ce dont on a besoin pour vivre mieux face aux situations actuelles: haute-spécialisation des connaissances scientifiques et médicales, sacralisation des domaines académiques et isolation des champs de recherches…

Je crois qu’il existe une utilité importante portée par l’expression artistique dans un tel domaine peu associé à l’art selon la compréhension générale. Les propositions des artistes participants ouvriront une nouvelle voie vers la pensée sur la relation parmi: l’environnement, les agents pathogènes, l’hôte, le corps humain, la maladie et la vie.

Vous trouverez le lien ci-dessous expliquant le projet par l’Association Lotokoro :
http://lokotoro.org/index.php/archives/2-appel-a-projet-experimentation-en-culture-scientifique-sur-les-maladies-infectieuses

Vous trouverez également un projet de Florian Gadenne, artiste exposant, de la description sur son expérimentation autour de la Tour de Babel.
http://floriangadennecom.over-blog.com/2015/09/tour-de-babel-etho-biologique.html

Artistes exposants: Jérémy Segard, Evor, Florian Gadenne, Sylvie, Geoffroy Terrier et Miki Okubo (texte).

Au plaisir de vous voir à Nantes et à suivre pour la date et le détail de l’ouverture.

Miki OKUBO

10/4/16

Edition : Vivre ou vivre mieux?

Édition « Vivre ou vivre mieux? »
Travail collaboratif avec Jérémy Segard, oeuvre dessin-texte pour la réflexion sur la pensée de la médecine personnalisée.

Vivre ou vivre mieux ?
Miki Okubo & Jérémy Segard
21 x 21 cm, 96p, illustrations couleurs
http://jeremy-segard.com/index.php/editions

Couverture - Vivre ou vivre mieux?

Couverture – Vivre ou vivre mieux?

09/13/16

un récit lucide d’une survie rituel

SONY DSC

expérimentation physique – isolation volontaire – tentation déshabituée

SONY DSC

sensation honnête – simulation naturelle – illusion réaliste

SONY DSC

mythe spatiale – rite animalier – prêtresse sonore

SONY DSC

peinture dynamique

SONY DSC

douleur extasiée

SONY DSC

intuition – soif – lucidité

SONY DSC

vide – cure – bonheur

SONY DSC

compréhensibilité réspirable – oxymoron inquiétante – pluralisme théâtral

SONY DSC

art mur – but simple – ouverture intelligente

SONY DSC

affection relative – sympathie cathartique – cycle répétitif

SONY DSC

nid – acte – vie

SONY DSC

images par miki okubo et florian gadenne (blog d’artiste)

tous droits réservés. toutes utilisations, reproductions sans accord des auteurs ne seront pas aimées

09/5/16

Materiality Immateriality, Exposition à Kyoto. Immatériaux, après…

Matteriality_Immateriality_AMatteriality_Immateriality_BMatteriality_Immateriality_A

Matteriality_Immateriality_B

08/17/16

平等を主張し、自由を讃えるということ, Qu’est-ce que l’égalité? Qu’est-ce que la liberté?

10年ほど前に見た以来、忘れがたいイラストがある。
バーナード・ルドルフスキーの著書『みっともない身体』に掲載されていたイラストである。言わんとしていることは実にシンプルで、身体のどこを隠すか、何を恥ずかしいと感じるか、どのような服装が普通と認められるか、そんなことは全て文化によって決められており、我々はそれを当たり前として生きている、ということだ。

何の変哲もないテーズである。

我々は例えば20年前や10年前よりも、ルールのない世界に生きているような気がしているかもしれない。とりわけ私の生活環境であるこの土地では、毎年「テロ」が大きな事件を引き起こし、それらは報道が作る物語として定着し、定型化してさらに語られやすくなったキャッチフレーズは、誰もが口ずさめる流行歌のようにすり切れるまで反復され、認識はそのように、鋳型に収められていく。

自由の国であり、平等の国である。全ての民の人権を、尊重する国だそうだ。
男女は平等であり、異なる宗教を進行する民もまた平等である。肌の色の違う人民も、収入の異なる人々も、教育レベルの異なる人々もまた、同じ権利を持ち、同じように扱われるそうだ。

思うことがある。

果たして、髪の毛をむき出しに道を歩いたことのない人々が、それを露わにすることを強要されたり、膝下なぞ決して見せることなく覆っていた人々が突如そのふくらはぎや足首を露出して、その慣れない不格好な歩みを、誇らしげに闊歩する人々と並べられながらさらけ出さねばならないということを、自由と呼ぶことができようか。

果たして、肉体の露出を自由と信じる民を前に、肉体の不露出こそ自由であると解いたとき、それはあなたが洗脳されているのだとか、文化や教育によって現在そのようにしか思うことのできない不憫極まることだるとか説かれるとき、その人々は肉体を露出することを強要されており、それは実際には強烈に暴力的なことでもあるのだと、想像する想像力を、一方的に自由と平等を主張する民が持っているかどうかは定かでない。

そのように語るとき、全ては構造の中にあるということを、言い放つことは残念ながらできず、それでもなお、確かに不幸な状況の存在を認めることは、世界に幾つものケースがあると思われる。

スクリーンショット 2016-04-29 10.35.46 スクリーンショット 2016-04-29 10.34.36